のうみそぷらす+

外付け脳みそHDD

【映画】レディ・プレイヤー・ワンを見た感想【ネタバレ含】

f:id:kudo1119:20180524220206j:plain

久しぶりに映画館で見たくなった映画『レディ・プレイヤー・ワン』
スティーブンスピルバーグ+VR世界という事で期待に胸膨らませて映画館に足を運んだ私のレビュー記事です!

 レディ・プレイヤー・ワンについて

あらすじ

2045年。環境汚染や気候変動、政治の機能不全により、世界は荒廃していた。そのため、スラム街で暮らさざるを得ない状況に陥った地球上の人類の多くは「オアシス」と呼ばれる仮想現実の世界に現実逃避し入り浸っていた。

オアシス内では現在、創始者であるジェームズ・ハリデー亡き後公表された遺言により、勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル(日本円で56兆円[4])相当のハリデーの遺産が授与されるアノラック・ゲームが開催されていた。ハリデーがオアシス内に隠したとされるイースターエッグを探すエッグ・ハンター、通称ガンターが日々3つの鍵を手にするための関門となるゲームに挑んでいた。

オハイオ州のスラムに住む若者ウェイド・ワッツも勝者となるべく日々奮闘していたが、ゲームにはオアシスの管理権を欲する世界2位の大企業IOI社社長、ノーラン・ソレントが送りこんだ参加者もいた。ウェイドは第一の関門を突破するが彼の現実世界にも危険が及び、レジスタンスのアルテミスやオンライン仲間達と共にソレントの陰謀に立ち向かっていく。

 スタッフ・キャスト

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン / アーネスト・クライン
原作:アーネスト・クライン
出演者:タイ・シェリダン
    オリヴィア・クック
    ベン・メンデルソーン
    リナ・ウェイリス
    T・J・ミラー
    サイモン・ペッグ
    マーク・ライランス
    philip Zhao 
    森崎ウィン
    ハナー・ジョン・カメン etc...

作品データ

原作:Ready Player One
製作日:2018年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:140分

みんなの声

 感想

『スティーブン・スピルバーグ監督』『VRの世界』『夢のコラボ』・・・

 

色々な情報が飛び交っており自分の中でかなりハードルが上がっていた作品。
どうせ見るなら『4DX』で臨場感たっぷりに見たいと思っており会社の面々を半ば無理やり口説き落とし映画館に足を運んだ。
臨場感たっぷりの4DX・・・と、4DX熟練者のような口ぶりで語っていたが恥ずかしながら私『4DX童貞』でございまして『映画の内容』に加え『4DXの出来』と、2つの要素にわくわくしながら上映される会場に足を運んだ。
まず、はじめに驚かされたのは会場の入り口で係員のお兄さんに荷物を預けるように促されたことだ。
前回映画を見たのは『シン・ゴジラ』なのですがその時は荷物を抱えながら映画を楽しんだので荷物を預けるのは『4DX特有』の決まりなのだろうか・・??

 

別に荷物持ったままでいいじゃん・・・・上映される前の私はそんな事を思っていました・・・・そう。。映画が始まるまでは・・・ね??

 

4DXを見に行かれた方はご存知だと思いますが映画が始まる前に4DXのデモンストレーション体験が行われる。実際の映像があったのでよければ↓↓

www.youtube.com

いやー・・・この映像をみて『お兄さんありがとう』『ジュースこぼれないだろうか・・・』と言う感想と共に4DXのすごさを体感しました・・・。
想像の10倍はゆれるね!!これは映画と言うよりアトラクションといったほうが説明として正しいと思う!!
んで、風ね!!そろそろ夏も近づいてきてちらほら半そでも町で見かけるようになってきた季節なのに寒いよね!!ちょー寒い!!あれは想定外でしたね!!!
あと水!!ぬれる!!ちょーぬれる!!感覚としては手をよく洗ったあとにジェットタオルを通さずに私の顔に全力で水しぶきをかけてきてる感じでしたね!!!あれこれ言いましたが4DX最高です!!w

 

作品によっては4DXは必要ないかと思いますがこの作品は4DXで見るべき作品だと思います!!(1回しかみてませんがw)

 

さて・・・内容に関しては『もう一回みたい!!!』でした!
だって考えてみてくださいよ!!?
デロリアンとAKIRAのバイクがレースするんですよ!!?
そのレースをT-REXとキングコングが邪魔するんですよ!!?
ガンダム&アイアンジャイアント&チャッキーVSメカゴジラですよ!??
おもしろくないわけ無くない!!?っていう感じですね!!w

 

ストーリーに関しても、分かりやすい目的と分かりやすい敵と分かりやすい仲間と分かりやすい恋愛表現で深く頭を使わずに見られるとっても楽しい映画でした!(分かってないだけならすいませんw)

 

今は映画としてみていますがきっとこれからどんどんこんな時代が来るんですよね・・・。
私が小さいころは、ファミコンでツインビーやスーパーマリオを楽しんでいてそこからスーパーファミコン→ゲームボーイ→N64→PS→PS2→3.4・・・とグラフィックの進化を感じてきましたがこのVRの進化はまさにゲーマーの夢ですよね・・・。
(ゲームに関して言えば)これからの子供達がうらやましい!!!

 

あと数年で30歳となり本格的にこんなゲームが出てくる頃にはきっと立派なお父さん(彼女募集中)になっているはずなので子供と一緒に子供以上に熱狂してゲームの出来る楽しい大人になっていきたいですね!!