のうみそぷらす+

外付け脳みそHDD

ヘッダ2

【節約】節約したいけど人様に言えない事はしたくない~通信費編~【生活】

f:id:kudo1119:20180413013345j:plain

 どうもどうもでございます。

絶賛方向性探し中の新参ブロガーでございます。

今シリーズは私の現在の貧乏生活の助けにする為の記事でございます。

一緒に勉強をするつもりで見ていただければ幸いです。

それでは続きます。

通信費ってなんだ?

はじめに

現代社会を生きていく上でほぼすべての方が必要になると思われる通信費。

主に下記の2種類になるのではないでしょうか?

  • 携帯代(スマホ代)
  • ネット料金

その他にも外でパソコンを使う為のモバイルルーター等を契約されている方もいらっしゃるでしょうが今回は多くの方が関係しているであろう上記2つ。

更に『携帯代』の方をピックアップして紹介したいと思います。

携帯会社について

現在皆様はどこのキャリア(会社)の携帯電話をお持ちでしょうか??

選択肢としては

  • docomo
  • au
  • softbank

の大手3台キャリアといわれる上記の3会社ですね。

又、昨今格安SIMと言う概念が生まれてきてこの選択肢は非常に多いです。

格安SIMを契約する事の出来る会社の事をMVNOと言います。

有名どころで言うと

  • Y!mobile
  • UQモバイル

などでしょうか?詳しく言うと上記2種類は違うらしいですが話を分かりやすくする為に『キャリア・それ以外』の2種類に分類します。

MVNO会社はめちゃめちゃ種類がありますが比較サイトなどが参考になりますのでMVNOの事が詳しく分かった方から最後に貼るリンクから調べてみてください。

それぞれのメリット・デメリット

キャリアとMVNOはいったい何が違うのでしょうか?

何を大事にしたいか・携帯に関する知識・年齢・家族構成などによってかなり状況は違うのでそれぞれの状況にあったものを選択して欲しい。

キャリア

メリット

  • 電波のカバー領域が広いので多くの地域で安定した通信が出来る。
  • 長年使うと割引がある。
  • 24時間話し放題プランなどの通話に適したプランがある。
  • ショップが全国に無数にある為サポート体制が万全
  • キャリアメールが使える。
  • 最新の携帯が

デメリット

  • 値段が高い。
  • 2年・3年の長期契約が多い。(更新月以外で解約などをすると高い違約金がとられる。)

MVNO

メリット

  • なんと言っても値段が安い。
  • SIMフリーなので携帯が壊れても手軽に機種変更できる。
  • インターネットのみで契約できる
  • 細かいデータ通信量の契約が利用可能

デメリット

  • ショップが近くに無い為、分からないことがあっても気軽に聞けない。
  • 電波の通信状態が不安定になる地域がある。
  • 時間帯によってはまともにネットにつながらない時間がある。

少しだけあげてみましたがまとめると

キャリアは値段が高いが使いやすい。

MVNOは値段が安いが使いにくい。

と、ざっくりした覚え方をして置いてくださいw

 

どうやれば支払い料金を抑えられる??

それでは本題の通信料金を節約する方法を分かる範囲で書いてみます。

携帯の契約は本当に種類が多くわざと複雑に作られています。

ですので、しっかりした知識を身につけて『そんなの聞いてないよ!!』『高すぎる・・もう無理・・』とならないようにしましょう!

 

基本の契約3パターン

それでは多くの方が該当するであろう下記3パターンをご覧ください。

  • キャリア携帯1台持ち
  • MVNO1台持ち
  • キャリア携帯1台+MVNO携帯1台持ち

上記3パターンを覚えれば周りの人より2歩は携帯の知識自信がもてるでしょう!

それでは1つ1つ見ていきましょう。

キャリア携帯1台持ち

このパターンがもっとも多いのではないでしょうか??

このパターンで契約する一番のメリットは楽!分かりやすい!と言うことでしょう!

生活に直結してくる携帯電話の事なので楽なのは非常にいいのですが毎日使って長期間の契約をするものだからこそ少し調べてちょっとお得に買いたいと思いませんか?

おもいますよね?わかります。

このパターンで契約している多くの方は『1万円前後』の携帯料金を払っているのではないでしょうか?・・・2年契約で24万円・・・。高い。。

基本的に皆様の契約状況は以下のようなパターンが多いのではないでしょうか?

例)ドコモで『iphonex64GB』を購入する方法

  • カケホーダイプラン(2700円)
  • データパックM(5GB)(5000円)
  • SPモード(300円)
  • 機種代金(5211円)
  • 月々サポート(-2376円)

上記を合計して・・・

合計:11,475円

となります!1万円越え・・・高い。。

 

『iphonex』を題材に取って高く見せてんじゃねーよ!!と思われる方向けに全機種対応の料金表を書いてみると・・・・

①シェアオプション子回線以外

  • 通話プラン(1700円~4200円)
  • データプラン(3500円~25000円)
  • SPモード(300円)

②シェアオプション子回線

  • 通話プラン(980円~4200円)
  • シェアオプション(500円)
  • SPモード(300円)

の①か②のパターンの上記3種類に機種代金を足して月々サポートを引いた額が月々の支払い料金となりますね!(シェアオプションの場合は別の計算です。)

基本的に①②の最低限かかってくる料金に関しては割引に限界があるので今回狙っていく割引は『機種代金』になります。

機種代金の割引ってどうやるの?

機種代金の割引の方法は下記方法がスタンダードかと思います。

  • 販売店毎の特価品を狙う

  • MNPを利用した高額月々割引を使う

販売店毎の特価品を狙う

この方法は行動力が必要な割引方法となりますw

携帯電話にも他の家電と同様、割引販売や安くなりやすい時期などが存在します。

携帯電話の販売店もノルマがあるらしくチラシをうったり景品を配ったりイベントを開催したり様々な販促活動をされており契約者数を増やすことに躍起になっております。

その中で分かりやすく効果的な方法『割引』というものももちろん行われております。

この『割引』だけは実際に店に聞いてみたり店に見に行ったりツイッター・個人のHPなどをめぐって特価品を探して購入すると言うやり方です。

少し時間がかかる方法にはなりますが労力に見合った報酬は十分に期待できます。

店によっては2年合計で『10万円以上』の割引をしているお店もあるのでがんばって探してみて下さい!

実際、私も前日まで定価販売(12万円)だったiphonexを無料で手に入れています。

 

MNPを利用した高額月々割引を使う

先ほどまでドコモドコモと書いておりましたがこの方法を使うと現在ドコモを利用している方は次の携帯はドコモで契約することは出来ません!!(他のキャリアも同じキャリアで契約できません)

ですので『長期割引』や『家族割引』等を利用して安めに持っている方はしっかり調べてMNPするべきかこのままキャリアにい続けるべきか検討しましょうね!!

(また近いうちに詳しくまとめます)

利用したほうがお得になる!と言う方は続きを読んでください。

このままで・・・と言う方は次の章まで飛ばしてください。

 

それでは続けます。

携帯電話には機種によりますが毎月の機種代金から一定額を無条件で割引するよ!と言う制度がありこれを『月々割』と言います。

この『月々割』ですがなんと機種変更をするよりMNPをしたほうが増額される機種が多く存在するのです。

みんな大好きiphonexを例に出して見ましょう。

 

ドコモiphonexを機種変更で購入する場合。

機種代金:5211円(24ヶ月毎月支払い)

 月々割:-2376円(24ヶ月間)

支払い合計:(5211円-2376円)×24=68040円

 

ドコモiphonexをMNPで購入する場合。

機種代金:5211円(24ヶ月毎月支払い)

 月々割:-2376円(24ヶ月間)

支払い合計:(5211円-2376円)×24=68040円

 

最近では購入サポートなどの新しい制度が一般的になってきており上記方法が使えない機種が増えてきているらしい・・すいません。。

 

まとめ

  • 携帯変更はMNPがお得な人が多い
  • 足を使って安い携帯を探そう!